アビガンがあればコロナウイルスは大丈夫!?

アビガン 薬・美容
Pocket

コロナウイルス治療薬アビガン登場

スポンサーリンク

奇跡の治療薬?アビガン

成分名:ファビピラビル

アビガン錠200mg

アビガンは富山化学という企業が開発しました。

富山化学は現在富士フィルムの子会社富士フィルム富山化学株式会社となっています。

ホーム | 富士フイルム富山化学株式会社
富士フイルム富山化学株式会社のウェブサイト。

アビガンの効能効果

新型又は再興型インフルエンザウイルス感染症(ただし、他の抗インフルエンザウイルス薬が無効又は効果不十分なものに限る。)

スポンサーリンク

効能効果に関連する使用上の注意

本剤は、他の抗インフルエンザウイルス薬が無効又は効果不十分な新型又は再興型インフルエンザウイルス感染症が発生し、本剤を当該インフルエンザウイルスへの対策に使用すると国が判断した場合にのみ、患者への投与が検討される医薬品である。

アビガンはインフルエンザ治療薬

薬効分類:抗インフルエンザ薬

え!?インフルエンザの薬なの?

そうなんです、インフルエンザウイルスへの作用機序をコロナウイルスへも応用できそうなんです。

アビガンの作用機序

宿主(ヒト)の細胞でリボシル三リン酸体(ファビピラビルRTP)に代謝され、一本鎖マイナス鎖RNAウイルスであるウイルスの複製に関与するRNA依存性RNAポリメラーゼを選択的に阻害すると考えられています。

RNAポリメラーゼというターゲットはコロナウイルスにも存在してるので応用できる可能性はあります。

SARS

アビガン万能説

このアビガン実は過去にも大きく注目されたことがありました。

スポンサーリンク

日本では感染者はでていませんが、2015年アフリカにてエボラ出血熱が流行しました。

致死率40%を超えるまさに恐怖の感染症です。

東京都感染症情報センター » エボラ出血熱の流行地域

このエボラ出血熱の治療としてアビガンが効果があると取り上げられ大変話題となりました。

抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」ギニアのエボラ出血熱対策を目的とした日本政府からの緊急無償資金協力の調達物資に採用 : ニュースリリース | 富士フイルム
富士フイルムのニュースリリースをご紹介します。

そのアビガンが・・・なんとコロナウイルスにも効果がある!?

と言われております。

過去にもこのような実績があることから実は色んなウイルスに応用できるんじゃね?と治験が進められています。

3分でわかるコロナ対策はこちら

【3分でわかる】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とその対策
新型コロナウイルスの感染対策方法を網羅!しかも3分でわかる!

アビガンの副作用

当然ですが、薬である以上副作用は避けられません。

アビガンについても同様です。

アビガンの副作用(妊婦の場合)

アビガンの添付文書をみると副作用の項目に

動物実験において、臨床曝露量と同程度又は下回る用量で初期胚の致死(ラット)及び催奇形性(サル、マウス、ラット及びウサギ)が認められている

と記載があります。

特に妊娠中、妊婦の方は投与することでのリスクも高くなりますので、コロナウイルスの疑いで病院を受診する際は必ず問診票に記載しましょう。

アビガンの副作用(小児)

小児への投与経験は無いようですが、動物実験では・・・

動物実験において、幼若イヌ[8週齢]に1ヵ月間投与した試験では、若齢イヌ[7〜8ヵ月齢]の致死量より低用量(60mg/kg/日)で投与20日以降に途中死亡例が認められている。幼若動物(ラット[6日齢]及びイヌ[8週齢])では、異常歩行、骨格筋線維の萎縮及び空胞化、心乳頭筋の変性/壊死及び鉱質沈着などが認められている

とありますので、子供は投与拒否される可能性もあります。

やはり感染しないよう予防するのが一番ですね。

アビガンを処方してもらうには?

ごほっ、げほっ・・・コロナかも・・・。

でもアビガン飲んだらいいしいっか・・・。

アビガンは誰でも処方してもらえるかわからないよ!

 

添付文書を見ますと

特殊記載項目
本剤は、他の抗インフルエンザウイルス薬が無効又は効果不十分な新型又は再興型インフルエンザウイルス感染症が発生し、本剤を当該インフルエンザウイルスへの対策に使用すると国が判断した場合にのみ、患者への投与が検討される医薬品である。

引用元:アビガン添付文書より

と記載されています。

これはインフルエンザ治療としての記載ですが・・・。

国が判断した場合にのみ

とあります。

やはり耐性ウイルスが出現してはいけませんのでむやみやたらには使用しないよう注意が必要です。

そのため、病院で陽性反応がでても確実に処方してもらえるわけではありません。
副作用も催奇形性などがあがっており、リスクも高い薬のため本当に重症化してる人やその他疾病を併発しているため死亡リスクが高そうな方のみになる可能性もあります。

じゃあ、 コロナウイルスどうするの?

コロナウイルス予防編

もう、耳にタコができてるかもしれませんが・・・

  • アルコール消毒


  • マスクの着用


  • 外出制限
  • 栄養摂取(特にビタミンACE)


特に免疫力は超重要です。

日ごろの睡眠確保、栄養摂取は注意しましょう。

コロナウイルスに感染した?と思ったら

ここがしっかり守れていないから拡大していると予想しています。

とりあえずパニックになって病院にいっては、逆に感染を広めてしまう可能性があります。

まず、自覚症状として味覚や嗅覚の異状を感じる、その他

  • 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合
  • 風邪の症状や37.5度以上の発熱が2日程度続く場合
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合

以上の場合はむやみに病院を受診せずに

まずは各都道府県のコロナウイルス相談センターに問い合わせましょう。

新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター
新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センターについて紹介しています。

アビガンとコロナウイルス対策まとめ

アビガンという希望の光がでてきましたが、

  1. 感染した人全てに処方されるか不明
  2. 副作用もある
  3. そもそも、薬がなくても回復している人もいる

という現状、アビガンに頼り切ることはダメです。

副作用もありますし、誰にでも使えるか不明ですからね・・・。

「最悪の場合にはアビガンがある!」くらいの保険的な位置づけとして考えて日常的な予防をしっかり行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました