【体験レポ】ウェルスナビセミナー

wealthnavi WealthNavi
Pocket

ウェルスナビセミナー

12月某日某所

投資仲間であるKAZUばーちゃる。さん(@KazuTOEIC)とウェルスナビセミナーに参加してみました。

スポンサーリンク

参加者

参加人数20名

20代:3割
30代:2割
40代:1割
50代以上:4割

男女構成比
8:2

という感じでした。

https://twitter.com/investor_jiro/status/1208204394665136128

 

  • 退職して今後の資産運用を考えている雰囲気の夫婦の方
  • 株主総会にいそうな富裕層オーラの出ている方
  • 働き出したての若手サラリーマン

などだろうと予想しました(笑)

老夫婦

セミナー内容

ウェルスナビの代表はどのような人か

よくあるCEOの過去の略歴的なお話でした。

きっかけはやはり日本とアメリカのマネーリテラシーの格差のようです。

ウェルスナビ

マッキンゼーにも在籍していたようで、バリバリ実績を積んできた方のようですね!

ウェルスナビのアルゴリズム

ノーベル賞を受賞したハリー・マーコビッツ氏の「現代ポートフォリオ理論」に基づいています。

とりあえずわかったのは

「リスクが同じならリターンがいいやつ選ぼうぜ!」

って感じの理論のようです。

すいません、なんとなくそんな感じに受け止めました(笑)

 

ウェルスナビの構成銘柄とその比率

リスク許容度に関わらず構成は以下になります。

米国株(VTI)日欧株(VEA)
新興国株(VWO)米国債権(AGG)
金(GLD)不動産(IYR)
現金

 

リスク許容度によりその構成比率が変わってきます。

ウェルスナビのポートフォリオ

リスク許容度が高くなるほど

米国債の割合が下がっているね。

不景気な時ほど国債は強いけど

景気がいいときはやっぱり株の方が

リターンがとれるね!

配当金での再投資の仕組み

ウェルスナビでは半年に1回リバランスを行います。

リバランスを行う際も1株以下の細かいバランス調整は行えません

また配当金を用いて再投資も行っております。

ただ、10万円投資している人の配当は1%でも1000円です。
これじゃETFの最小購入金額を満たしておりません

 

ウェルスナビではETF1口を1000分の1単位で取引できる

「ミリトレ(少額ETF取引機能)」

を導入しています。

これは、ウェルスナビが買ったETFを、個人投資家と1000分の1単位で取引する仕組みです。

 

ミリトレ

この仕組みにより、ウェルスナビが用いている投資方法(アルゴリズム)に沿った運用を可能にしています。

質問タイム

  • ミリトレにはスプレッドなど存在していますか?手数料はかかりませんか?

 

  • ウェルスナビの運用成績を見ると短期には上がり下がりしているが、ある程度あがったタイミングで一度解約するのはどう思うか?

 

  • 100万円を投資するときに初回にまとめて購入するか、積み立てかどちらがよいか

という質問がでていました。

まとめ

セミナーに参加して、ウェルスナビへの信頼性が上がったり、下がったりということはありませんでしたが過去の実績や手数料の話が聞けたので有意義でした。

なにより自身の投資へのモチベーションは上がりました!

さあ、明日からも頑張るぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました